Danchi Woman

The Lady from Public Housing

1 x 66’

What happens when a Japanese octogenarian is forced to move after 30 years of life in one place?
85歳の打越シズさんは、築50年の海岸通団地に住んでいる。団地は間もなく壊されて、新しいマンションに建て替えられる。建て替えを通じて、引っ越しや家賃の問題に直面する打越さんと団地婦人たち。彼女たちはそれらを乗り越え、逞しく生きてゆく。
more images

Synopsis

85 years old and never married, Shizu has spent the past 3 decades living in one “Danchi” - the Japanese word for public housing - and filling it with the lifetime of souvenirs that have always kept her company. When the danchi is scheduled for demolition, Shizu and neighbors must say goodbye to their homes, and move into newer danchi that are too small to hold all of Shizu’s momentos.

This intimate documentary captures Shizu’s sense of humor, and profound nostalgia, as she sorts through relics of her past, and chooses which memories she must fit into her new home, and which ones she can let go of.

Trailer


Prgram Info

Title Danchi Woman Danchi Woman
Duration 66 min. 66分
Location Yokohama, Japan 横浜
Language Japanese + English subtitle 日本語版/英語版(英語字幕)
Production Format 35mm HDV/Color
Genre Human Interest ヒューマン・ドキュメンタリー
Director Akiko Sugimoto 杉本 曉子
Producers Seiko KATO / Alexandre BARTHOLO 加藤 成子 / Alexandre BARTHOLO
Productions IMPLEO Inc. / Assemblage K.K. 株式会社インプレオ / Assemblage K.K.
Production Year 2017 2017年
Awards
  • Yokohama International Festival for Arts and Media - Official Selection
Copyright ©2017 Akiko Sugimoto
Rights Worldwide

Background: Filming started in 2008

SUGIMOTO came across Seaside Road Danchi 9 years ago. The abandoned look of the apartment buildings against the overwhelming skyscrapers impressed her a lot. She wondered “what lives are inside these buildings” and started filming there. Once she began filming, she learned that the apartment buildings would soon be replaced. In 2008 and thereafter, she visited the apartment buildings every weekend with a video camera in hand. Later, she edited her ten months of video footage into her independent film, “Seaside Road Danchi Story” in June 2009.
As filming proceeded, she built relationships with the Danchi residents and naturally developed a strong wish to continue filming until after the reconstruction, to create a documentary. Later she teamed up with a freelance cameraman and began shooting “Danchi Woman.”
This project, whose shooting began in June 2011 and ended in June 2014, witnessed the reconstruction, the moving and the demolition of the Danchi, as well as life in the new place.

Director’s Statement: Living alone, dying alone, but still smiling

“Living alone in old age?”, “With or without family?”, “Living in rental housing forever?”, etc. I was forced to face these issues during the filming of the lives of these women. No one can escape from aging. What’s more, injuries and accidents sometimes change the living environment of people. This film follows the replacement of some apartment buildings in Yokohama. This topic is a local issue, but it also includes themes such as the life of women and rental housing for senior citizens. I believe these themes are common issues for people all over the world.
I was particularly fascinated by Shizu UCHICOSHI and the unbelievable number of cardboard boxes she had. For people of my generation, who are showing increased interest in minimalism and decluttering trends, the idea of our parents and grandparents keeping everything without throwing anything away is an extremely difficult one to accept and understand. It should be obvious that in order to live a happy life, one must get rid of as much garbage as possible and only keep the bare minimum.
But wait…is that really true? Were the contents of all her boxes really garbage? I would like each of the viewers to make that judgement for themselves through this documentary.

Director: Akiko SUGIMOTO

Akiko SUGIMOTOBorn in 1979 in Tokyo. After graduating from university, SUGIMOTO worked for a television production company. After working in various industries outside the visual industry for several years, she studied scriptwriting. Since 2008, SUGIMOTO has visited Seaside Road Danchi apartment complex in Yokohama and completed her own independent film, “Seaside Road Danchi Story” in 2009. The film was screened at the “CREAM International Festival for Arts and Media Yokohama” and independently mainly in Yokohama. SUGIMOTO is interested in recording and presenting some of the “lives” of people in “housing complexes” in Japan and the world.

Staff

Camera Kazuhiro Terauchi / Naoshi Yamamoto 寺内 一浩 / 山本 直史
Editing Azusa Yamazaki / Alexandre Cas 山崎 梓 / Alexandre Cas
Assistant Editing Yo Takahashi 髙橋 洋
Still Photography Keiko Sugawara 菅原 景子

概要

天井まで積み上げられた段ボールと、アナログの家電製品の山の中に、埋もれるようにして一人で暮らしている女性がいる。打越シズさん、85歳。30年前、現在の横浜みなとみらい地区にある団地の一室に引っ越してきた。
昭和30年代から高度経済成長期にかけて全国各地に建てられ、豊かさの象徴と憧れであった「団地」。しかし現在、居住者の高齢化と建物の老朽化がすすみ、次々と建て替えが行われている。打越さんが住む「海岸通団地」も2011年秋に高層マンションとなり、すでに住民たちはみな団地を出ている。母親を早くに亡くして以来、2人の弟たちの面倒を見ながら、企業で定年まで働いてきた打越さん。しかし最近は、「彼氏」と称する怪しげな金融業者が家に出入りするなど危なっかしい一面も。そんな中で、体調面での不安を抱えつつ、新しいマンションへの引越しに向けて、打越さんは着々と片付けを始めている。しかし、荷物が多すぎるため、その作業は一向にすすまない。おまけに、部屋いっぱいに詰め込まれている荷物を、今よりも狭くなる新居に「すべて持っていく」と言い張っているのだ。そんな打越さんに対して、団地の自治会長で水彩画家の平山礼子さんをはじめ、まわりの団地婦人たちは飽きれながらも心配し、荷物を減らすよう何度も忠告している。しかし、本人にはどこ吹く風。ひょうひょうと受け流されてしまう。そうこうしている間にも、引越しの日は容赦なく迫ってきているが……

背景:2008年から撮影を開始

「海岸通団地」と私の出会いは9年前にさかのぼる。そびえたつ高層ビル群と、廃墟のような団地との対比が強烈で印象的であった。
一体、あの箱の中には、どんな暮らしや人生が詰まっているのだろうか?」
そう興味を持ったのが、撮影をはじめたきっかけである。「建て替え間近の団地である」ということは、撮影をはじめてから知った。2008年以降、毎週末に、私はビデオカメラを片手に団地へ通うようになる。そして、10ヶ月間撮影したものを編集して、2009年6月に完成させたのが自主映画『海岸通団地物語』である。
撮影するうちに、団地の住民たちと関係が出来るようになり、自然と建て替え後までずっと追いかけて、一つのドキュメンタリー映画として完成させたいと強く思うようになった。そして、2011年6月からフリーランスのカメラマンと二人体制で、『Danchi Woman』の撮影を開始した。2011年6月からはじまった撮影は、「建て替え」「引っ越し」「取り壊し」といった事象や新居での生活の様子を含め、2014年6月にクランクアップした。

監督コメント: 「あなたは、何に囲まれて最期をむかえたいですか?」

「老後も一人で生きるのか」「家族を作るのか」「一生、借家住まいを続けるのか」など、団地の女性たちとの対話を通じ、また彼女たちの生きざまを撮影することで、監督である私自身が、これまで漠然としか考えてこなかったこれらの問題に、深く真剣に向き合うようになった。
とりわけ私にとって強烈だったのが、打越シズさんと、彼女が持つ大量の「段ボール」。「断捨離」がブームとなり、「ミニマムな暮らし」を好む私たち世代にとって、親あるいはそれ以上の世代が、物を捨てずに何でもとっておこうとすることは理解に苦しむ。幸せに暮らすためには、そういった「ゴミ」はなるべく減らし、身の回りの物は最小限にしておいた方が良いに「決まっている」!
・・・しかし、果たしてそれは真実なのだろうか?積まれた段ボールの中身は、本当にゴミなのだろうか?その答えは、本作品の中で打越さんの人生を紐解きながら、見る側それぞれが見つけて欲しい。
「老い」は、誰もが避けて通ることの出来ない問題である。そしてまた、事故や災害などによって、突然住居の変更を余儀なくされる時代を私たちは生きている。この作品で取り上げているのは、横浜にある小さな団地の建て替え、という非常にローカルな事象である。しかし、その中には、女性の生き方や高齢者の借家住まいについてなど、世界中の多くの人たちが共感するテーマが内包されている。

監督:杉本曉子(すぎもとあきこ)

Akiko SUGIMOTO1979年東京都生まれ。横浜市在住。大学卒業後、番組制作会社東京ビデオセンターに入社し、テレビ番組のアシスタントディレクター(AD)として勤務。その後数年間、映像業界から離れて異業種をいくつか経験したのち、会社員として働くかたわらシナリオを学ぶ。2008年6月から海岸通団地の撮影を開始し、2009年に自主ドキュメンタリー映画『海岸通団地物語』を完成させる。東京都内、神奈川県など9か所で作品の自主上映を行う。
旅するように暮らしながら日本、そして世界の「集合住宅」とそこにある人々の「暮らし」を切り取って表現することに興味がある。

作品歴/受賞歴

  • 2009年 『海岸通団地物語』 CREAMヨコハマ国際映像祭 コンペティション国内長編作品として上映