核の大地―プルトニウム物語

TERRES NUCLEAIRES - Une histoire du plutonium

1 x 84’

私たちはなぜ核政策を転換できないのか
なぜ脱原発に舵を切れないのか
プルトニウムをめぐる日米仏3国の核の歴史が原子力産業の終わりを物語る
more images

作品情報

Title TERRES NUCLEAIRES - Une histoire du plutonium 核の大地―プルトニウム物語
Duration 84 min.
Location France, USA, Japan フランス、米国、日本
Language French + Japanese subtitle フランス語版(日本語字幕)
Production Format HD
Genre Documentary / Atomic energy ドキュメンタリー/原子力
Director Kenichi WATANABE 渡辺謙一
Producers Paul SAADOUN / Christine WATANABE ポール・サドゥン、渡辺クリスティーヌ
Productions ARTE France / KAMI Production / Seconde Vague Productions アルテ・フランス/カミ・プロダクション/スゴンドヴァーグ・プロダクション
Official Web http://kakunodaichi.com/ (準備中)
Production Year 2015
Copyright © ARTE France/KAMI Production/ Seconde Vague Productions - 2015
Rights Japan only

概要:

米国、フランス、日本。3国の原子力施設の中でも、使用済み燃料の再処理施設すなわちプルトニウムの生産工場と、周辺住民、自治体との関わりを描く。米国がプルトニウムを原爆材料として発見・生産した歴史。フランスが使用済み燃料の再処理という形でプルトニウムの取り出しを商業化した経緯。米仏の隙間に食い入った日本の核燃料サイクルシステム。プルトニウムを介し日米仏の地政学的関連を検証する。米国ハンフォードでは廃炉作業が30年以上続き、巨大廃炉産業が生まれている。仏・ラ・アーグでは工場脇の廃棄物処理場下から流れ出る渓流に、プルトニウムの汚染が計測される。六ケ所村再処理関連施設は20兆円を越える金額を費やすも、いまだ稼働することができない。日米仏のプルトニウム生産地はいずれも砂漠、半島の突端、半島付け根、都市から離れ厳しくも自然豊かな地にある。映画は、核の大地とプルトニウム工場の風景論でもある。

  

映画の動機:

日米仏の核開発の絡みと歴史を、プルトニウムという物質に焦点を絞り描きました。日本の核開発技術は米仏両国から導入され、開発途上で未曾有の福島原発事故を起こしブレーキがかかりました。しかし核開発の見直しは問われず、再稼働、願わくば原子炉の輸出さえ目論んでいます。収束にはほど遠い福島原発の事故の処理を背負いながら、なぜ核開発路線を踏襲するのでしょうか?

もはや経済性ゼロの原子力から離脱を決断できない理由はなぜでしょうか?その答えのキーワードがプルトニウムです。この物質が米国で発見されたのは1940年暮れ。ウラニウムに人工操作を加える過程でした。そしてプルトニウム研究と生産の工業化のために有名な“マンハッタン計画”が生まれます。この原点に立ち返り、プルトニウムの扱いの変遷を辿ることで、一つの回答例を示せればと考えました。

監督コメント:

プルトニウムを語ることは、おのずと使用済み核燃料の再処理の話になります。ロケ地は、ハンフォード(米)とラ・アーグ(仏)と青森県六ヶ所村です。3ヶ国、3施設がモザイク状に入り組み、個別の話でありながら同時に一つのイメージに収斂していく構成を意図しました。一つのイメージとは、原子力産業は経済性からも人道性からも歴史的にも終わったことが視覚化されるということ。多くの住民の方々の証言を撮影していますが、それとは別に歴史文脈でビジョンを語る方が三人います。ハンフォードがTom CARPENTER(弁護士)、 ラ・アーグがMycle SCHNEIDER(エネルギーコンサルタント)、六ヶ所村が小出裕章さん(原子力工学)です。三者の認知力がこの作品の幹になっています。ARTE内で評価は高く、その年の名作10選になりパリで劇場上映しました。ただしその前夜にパリ同時多発テロが発生しパリ市内は戒厳令が敷かれたような雰囲気の中で、15人の観客を前に話をしたのを思い出します。日本語版を作りたいと当時から考えていましたが、5年越しの願いがようやく実現し大変に嬉しいです。

監督:渡辺謙一(わたなべけんいち)

Kenichi WATANABE 1975年契約助監督として岩波映画製作所入社、1981年毎日放送・文明シリーズ“ザ・ビッグデイ”で監督デビュー、映画の発明・リュミエール兄弟、女性史の誕生・高群逸枝など、1984年文化庁在外研修員としてパリに1年留学、1997年パリに移住、フランスや欧州のテレビ向けドキュメンタリーを制作。『桜前線』で2006年グルノーブル国際環境映画祭芸術作品賞受賞。近年は『天皇と軍隊』(2009)、『ヒロシマの黒い太陽』(2011)、『フクシマ後の世界』(2012)、『核の大地ープルトニウム物語』(2015)、『国家主義の誘惑』(2018)など、欧州において遠い存在であるヒロシマやフクシマの共通理解を深める作品制作に取り組んでいる。

Staff

仏語テキスト Michaël FERRIER ミカエル・フェリエ
作曲 Jerome COULLET ジェローム・クレ
Image Emmanuel VALETTE / Pierre CAULE エマニュエル・ヴァレット、ピエール・コール
Sound Sebatstien SAADOUN / Takashi KISHIMOTO / Kenzo WATANABE セバスチャン・サドゥン、岸本崇司、渡辺兼三
Editing Matthieu AUGUSTIN マチュー・オーギュスタン
Graphic Design Pierre-Jean CANAC ピエー・ジャン・カナック
Calibration Arnaud LAMBERT アルノ・ランベール
Sound Editing and Mixing Roger DUPUIS ロジェ・デュピュイ

自主上映をご希望の方へ

自主上映会の開催を希望される方々に、ブルーレイディスクまたはDVDを貸し出します。
所定の欄に必要項目を記入しお問い合わせください。スケジュールの確認・調整を行い貸し出し費用等をご連絡させていただきます。