impleoblogRoyal Park Hotel ホームメードクッキー

お天気に恵まれた本日、
中国語翻訳者のCさまがオフィスを訪れて下さいました。
スイーツ好きなわれわれ社員には嬉しい、おいし?いお土産と一緒に・・・
Royal Park Hotelホームメードクッキーです。

20080623_01.jpg

弊社の翻訳言語は、ここ数年、英語のみならず、中国語や韓国語を受けることもしばしば。
Cさまも、ある方のご紹介で、テレビ番組紹介の中国語版カタログ制作に、お力添え頂いたのです。

来日8年にして、流ちょうな日本語・・・

に驚くのみならず
メールを頂くたびに感じるのは、彼女の心のある文章なのです。
先般の中国の四川省大地震に際しては、
あしなが育英会からの依頼で、震災孤児のための児童臨床心理マニュアル(約200枚)を、
ボランティアで翻訳なさったとか・・・。
母親だったからこそ出来た翻訳と仰っていたのを伺い、Cさまならではの翻訳に仕上がったのではと
想いを馳せ、またいろんな立場で関わり方、貢献の仕方があることを実感致しました。
いろいろと考えさせられた一日となりました。

impleoblog六田知弘写真展「ロマネスク 闇に棲むもの」

写真家六田知弘さんの写真展「ロマネスク 闇に棲むもの」が
神保町のgallery福果で開催中です。

20080620_02.jpg

教会や修道院の柱に彫られた「柱頭彫刻」のモノクロの写真、
約30点が展示されています。

20080620_04.jpg

写真におさめられたロマネスクの怪物たち。
本来なら恐ろしいものであるはずなのに、どこか愛嬌があります。
キュートといってもいいくらい。
不思議な一面をみることができます。

大きな口をあけてこちらを睨む怪物。
目を見開きながらも猫背に脱力している怪物。
女性の胸に手をあてながら顔がひんまげている怪物。
ライオンのかぶりものをしてこちらを凝視している怪物。(ライオンキング?)

六田作品にある光、影の色を実際に見ることができる機会は貴重です。
ぜひ、足をお運びください。

とオススメしておきながら、、、なんと明日が最終日です!
ぎりぎりのご紹介になってしまいました。すいません。
最終日の明日は17時までとなりますが、六田さんも在廊予定とのことです。
六田さんご本人から作品についての解説が聞けるかもしれませんよ。

20080620_01.jpg

■六田知弘写真展「ロマネスク 闇に棲むもの」
2008年6月9日(月)?6月21日(土)
12:00?19:00(最終日?17:00)日曜休廊
---
gallery福果(ギャラリー・フッカ)
東京都千代田区神田神保町1?11?2
03-3259-6555
地下鉄三田線、新宿線、半蔵門線 神保町駅A7出口を出てすぐ「さぼうる」隣2階


■Photographer Muda Tomohiro's Official Web Site
http://www.muda-photo.com/

六田知弘オフィシャルサイトPhotographer Muda Tomohiro's Official Web Site
インプレオが運営しております。
サイト内のギャラリーページにてロマネスクの写真作品の一部をご覧いただけます。
なおギャラリーページは今夏リニューアル予定です。
最新作品をはじめこれまでの六田さんの作品の系譜を
どどーんとご覧いただけるようになります。ご期待ください。

impleoblogゴーヤ日記(3)ネット張りました。

そこそこの成長率を見せていますよ、わが社のゴーヤたち。
いい調子、いい調子。

20080618_01.jpg

地下鉄代々木公園駅からオフィスまでの歩いて数分の通勤路にて
少なくとも3つ、ゴーヤが植えられている鉢をみかけます。
よそ様のゴーヤたちはすでに黄色いお花を咲かせちゃったりしています。

負けてはいられません。

大きく育ってもらうため、本日、園芸ネットを設営してみました。
壮大なるグリーンカーテンができる予定です。
100個もゴーヤがなっちゃったらどうしましょ。

20080618_02.jpg
38  39  40  41  42  43  44  45  46  47  48